読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール街歩き

シンガポールの街角で撮影した画像など。2,000枚以上の画像を使って街並みを紹介。


ジュロンイーストスタジアム

ジュロンイーストスタジアムは

ジュロンイーストスポーツコンプレックス内にあり、

アルビレックス新潟シンガポールが

ホームスタジアムとして使用しています。

 

ジュロンイーストスポーツコンプレックス前には

アルビレックス新潟シンガポールの看板が。

 

f:id:stak2012:20170115120450j:plain

 

ジュロンイーストスポーツコンプレックス入口

 

f:id:stak2012:20170115120559j:plain

 

ジュロンイーストスポーツコンプレックス外観

 

f:id:stak2012:20170115120755j:plain

 

メインスタンドから見た

ジュロンイーストスタジアム

 

f:id:stak2012:20170115120204j:plain

 

普段はこのように開いているので

誰でも入ることができます。

 

f:id:stak2012:20170115120943j:plain

 

メインスタンド

 

f:id:stak2012:20170115121043j:plain

 

f:id:stak2012:20170115121713j:plain

 

ピッチは天然芝ではなく人工芝です。

 

f:id:stak2012:20170115121239j:plain

 

ベンチ

 

f:id:stak2012:20170115121332j:plain

 

アルビレックス新潟シンガポールの控室

 

f:id:stak2012:20170115121418j:plain

 

メインスタンドの反対側は仮設スタンドです。

 

f:id:stak2012:20170115121515j:plain

 

f:id:stak2012:20170115121610j:plain

 

仮設スタンドの上にはアルビレックス新潟の

下部組織であるJAPANサッカーカレッジの広告もあります。

 

f:id:stak2012:20170115121839j:plain

 

メインスタンドからよく見える場所には

シンガポールプールズの広告も。

プロスポーツとセットで楽しむイギリス流のスタイル。

 

f:id:stak2012:20170115122029j:plain

 

ゴール裏です。

日系企業のはじめ、

新潟県の企業も広告を出しています。

新潟スタジアム(ビックスワンスタジアム)の

ネーミングライツを所有する

デンカ(電気化学工業)の広告もあります。

 

f:id:stak2012:20170115122350j:plain

 

メインスタンドからは直接

スポーツコンプレックス内に入ることができます。

 

f:id:stak2012:20170115122508j:plain

 

自動販売機。

値段は普通です。

 

f:id:stak2012:20170115122608j:plain

 

f:id:stak2012:20170115122641j:plain

 

KFC、ピザハット

 

f:id:stak2012:20170115122734j:plain

 

サッカー専用スタジアムということもあり、

KFCの横にはこのようなゲームも置かれています。

 

f:id:stak2012:20170115123500j:plain

 

こちらはお国柄ということで。

 

f:id:stak2012:20170115123545j:plain

 

スポーツ用品店

 

f:id:stak2012:20170115122830j:plain

 

アルビレックス新潟シンガポールの事務所

 

f:id:stak2012:20170115122909j:plain

 

アルビカフェ

 

f:id:stak2012:20170115122947j:plain

 

上の階に行くとスポーツジムがあります。

国を挙げて運動を推奨しているため、

会員料金は格安に設定されています。

 

f:id:stak2012:20170115123253j:plain

 

f:id:stak2012:20170115123332j:plain

 

シンガポールは比較的自由に入れるスタジアムが多いので、

行ったら撮影したいと思います。

 

 

 

【ジュロンイーストスタジアム周辺地図】