読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール街歩き

シンガポールの街角で撮影した画像など。2,000枚以上の画像を使って街並みを紹介。


シンガポール・ホテル選びのポイント

ホテル

2013年に駐在員向けに行われた調査で
生活費の高い都市のランキングで
シンガポールが東京を抜き1位となりました。

 

地下鉄・バスなどの交通費や食費は
むしろ日本より安いのですが、
利用可能な土地が限られているため、
不動産価格がとんでもなく高いのです。

 

金融立国でもあるため、
投機マネーが不動産市場に入りやすく、
ホテル代にもダイレクトに反映される仕組みです。

 

特にオーチャードのホテルは1泊3万円もします。
しかも、金額に見合った内容ではないので
顧客満足度が低くなってしまいます。

 

ホテル予約サイトにはレビューなどが掲載されてますが、
ほとんどの人はレビューを書かずに、ただ読むだけです。
そのため、レビューの内容がだいぶ偏ってしまいます。


シンガポールの場合、バス・トイレの壁が
ガラス張りというホテルが多いのですが、
それについて書いてくれてる人はほとんどいません。
(全く気にならない人ばかりが投稿?)
現状はと言うとシンガポールのホテルの
半分近くがこのようなタイプです。

 

高級ホテルに泊まりたい場合は、
ノベナ(オーチャードから2駅)、
チャイナタウン、チャンギ空港周辺など
少し離れてる場所が良いかもしれません。

 

シンガポールの場合、1泊5,000円以下だと
ほとんど選択肢がないのです。
1,500円前後で泊まれる宿もありますが、
バックパッカー向けのドミトリーです。
最近ではジャグジー付きの所もあります。

 

ホテル81やフレグランスホテルなどの
ビジネスホテルもありますが、
シンガポールの中では底辺のランクで、
しかも5,000円~8,000円くらいします。

 

日本で全国展開するビジネスホテルチェーンの
東横インやアパホテルなどを物差しにすると
いかに高いかがよくわかります。

 

シンガポールのホテル代はすごく高いので、
滞在時間を最大限増やすことが重要となります。
深夜にシンガポールに到着して、
そのままホテルに行って一晩過ごすというのは
かなり勿体ないと思います。
(お金持ちの方は問題ないと思いますが)

 

幸い、シンガポールは公共交通機関が充実しているので
200円弱で市街地から空港へ行くことができます。
空港の旅客ターミナルビルも整備されていて、
一晩過ごす人の姿も多く見られます。

 

シンガポール到着翌日の朝、
空港からホテルに行って、
フロントに荷物を預かってもらって、
身軽になって行動し、
帰国日は時間を最大限有効活用するために
夜・深夜のフライトで移動するのがベストだと思います。

 

宿泊するホテルのエリアですが、
いくつかのエリアが候補になると思います。

 

シティホール周辺
ブラスバサー
マリーナ周辺
ラッフルズプレイス周辺
ホンコン・ストリート
タンジョンパガー周辺
クラークキー周辺
リバーサイド
チャイナタウン周辺
ブギス周辺
ジャラン・ベサール周辺
ローチョー周辺
ラベンダー周辺
オーチャード周辺
ノベナ駅/バレスティア・ロード周辺
カトン周辺
ゲイラン地区
パヤレバー駅周辺
ジョーチアット・ロード
チャンギ国際空港周辺
ジョホールバル(マレーシア)
バタム島(インドネシア)

 

中心部で比較的割安なのがリトルインディアで、
ブギスに近く、交通の便も良いエリアです。
特にジャラン・ベサール(ベンクーレン・ストリート)
からセラングーンロードの間のエリアです。
このエリアには1泊1万円以下のエコノミーホテルや
バックパッカー向けのホステルが集まっています。

 

特に利便性の高いエリアは

ジャラン・ベサール・スタジアム周辺です。
MRTラベンダー駅まで徒歩5分、
MRTファーラーパーク駅まで徒歩10分です。

 

ジャラン・ベサール・スタジアムの1階は
ホーカーズになっているので安く食事することが出来、
近くにはミネラルウォーターを安く購入できる
フェアプライスなどもあります。
MRTラベンダー駅の1階には24時間営業のフードコート、
コピティアムがあるので食べるのに困ることはありません。

 

MRTファーラーパーク駅前からは
SAEx(シンガポール・アトラクションズ・エクスプレス)
を利用できるので、少々アクセスが面倒な
シンガポール動物園・ナイトサファリ・リバーサファリ等へ
乗り換えなしで行くことができます。
ビレッジホテルブギス前からも乗ることができます。

 

エコノミーホテルが最も多いエリアは
歓楽街で中国人観光客も多いゲイラン地区です。
東京の新宿・歌舞伎町周辺に泊まるイメージです。
予算1泊4,000円~8,000円前後で
交通の便も重視という方におすすめです。

 

ただ、近くにシンガポールナショナルスタジアムがあるので、
サッカーの国際試合や大きなイベントがある際、
早い段階で満室になったり、
宿泊費が大幅に値上がりする可能性があります。

 

シンガポールの市街地まで
片道1時間半近くかかってもかまわない

という方にはマレーシアのジョホールバル、
マレーシア~シンガポール間の
交通機関の混雑からも逃れたい方には
インドネシアのバタム島がおすすめです。

 

各エリア、長所・短所があるので、
シンガポールでの予定や予算などを考えて
じっくりホテルを選んでいただければと思います。